月刊ライフサイズ6月号「Uターン採用の新常識」

先日、10数年ぶりにじゃがいもを収穫しました。なんか凄く新鮮な気分になりました

緊急事態宣言の発令で、外出の機会はすっかり減ってしまいました。このところ梅雨にも関わらず爽やかなお出かけ日和の日も多いので、少し残念な気もします。さて今回は、Uターン採用についての新常識について書かせていただきます。

1.全ての選考がオンライン化

新型コロナウイルスへの対応によって企業の採用活動にも大きな変化がありました。特にオンライン選考は、導入初期にはコミュニケーションの方法等で試行錯誤が見られましたが、1年余りの時間を経て、それがもはや“常識”として定着つつあるようです。最近では、最終選考までオンラインで実施する企業も珍しくなくなっています。一方で、オンライン選考を実施しない企業は「旧態依然とした労働環境」という印象となり、採用活動に不利に働くケースさえ出てくるようになりました。そのため、こうした新たな選考環境・手法への対応は待ったなしの状況です。

2.選考期間は1ヶ月以内

Uターン者の選考期間については、コロナ禍以前は移動を伴う日程調整が絡み、2ヶ月に及ぶことも珍しくありませんでした。しかし、オンライン選考が通常となってからは、その調整の必要がなくなったため、同地域にいる人材を採用するのと変わらなくなってしまいました。結果、現在では企業の選考期間が大幅に短縮され、早ければ3週間で全ての選考を終える企業が出てきています。また通常、転職希望者は1社だけ選考を受けるということは稀で、2~3社は並行して進めているものです。ですから、他社よりも長い選考期間を設けることによって、途中辞退が起きる可能性が出てきてしまいます。良い人材と巡り会えたときに、こうした事態で好機を逃すことがないよう、期間短縮への対応もオンライン選考と同様に優先度が高いように感じます。

このように、採用環境でとりわけ変化が激しかったこの1年。それらに確実に対応できるサポート態勢を、今後も強化していきたいと思います。

お役立ち情報

Uターン転職・キャリア相談会

各地域を担当するキャリアコンサルタント(有資格者)による個別相談会です。
Uターンや転職、キャリアについてのご意向をお聞きしながら、適切な情報をご提供します。

【開催日】
毎週月曜日~土曜日(9:30~20:00の間で最大1時間 ※土曜日は~17:00)

【実施方法】
電話またはオンライン面談(ZOOM、Skype、FaceTime、Wherebyなど)

※これまで会場にお越し頂いての直接面談を実施しておりましたが、
 新型コロナウイルス拡大の影響を受け、リモートでの面談とさせて頂いております。

相談会へのお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。