企業TOPインタビュー/一般社団法人 広島県観光連盟 事業本部長 チーフプロデューサー 山邊昌太郎氏

リージョナルキャリア広島で人材採用を行う一般社団法人 広島県観光連盟より、事業本部長 チーフプロデューサー 山邊昌太郎様にお話をお聞きしました。

「圧倒的な顧客志向」で、広島県の観光を基幹産業に。

担当コンサルタントより

山邊様がカルビーフューチャーラボを立ち上げるために故郷である広島に戻って来られたことは、以前の記事でも書かせていただきました。実は今回私が一番お聞きしたかったことは、「なぜ広島に残って働く」ことを選択されたのかということです。一般的に、首都圏で長く経験を積み、市場評価が高い人材には、都市部においていくつもの選択肢があるものです。山邊様も同じ状況があったと思うのですが、なぜそうされなかったのか。その答えは、広島に住んでいる私にとっては当たり前すぎて意識していないものでした。「広島は空が広くて、住んでいて本当に気分がいいんよ」と。東京は「空が狭い」と感じるらしいんです。あらためて、そんなに恵まれたところに住んでいるんだと気付かされました。首都圏で培ったビジネススキルを持ち、外を知っているからこそ広島の良さもわかる、そんな山邊様が次に仕掛けるのは“広島×観光”です。どんなことが実現されていくのかとても楽しみです。全力で応援したいと思います!

企業TOPインタビューVol.13

一般社団法人 広島県観光連盟
事業本部長 チーフプロデューサー
山邊 昌太郎

https://rs-hiroshima.net/change/202101_hit.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。