月刊ライフサイズ2月号「激変する環境」

先日、携帯電話が壊れたので、直近の写真がなくなりました・・・

新型コロナの感染拡大が国内で始まってから約1年。「コロナ禍」と呼ばれるこの環境下で転職活動はどのように変化したのか、また採用成功している企業はどのような取り組みをしているのか、検証してみたいと思います。

1.コロナ禍の転職活動の環境

 転職希望者の方々にとって一番大きく変化したのは、オンラインで選考が受けられるようになったことではないでしょうか。従来のU・Iターン転職活動では候補者にとって “選考のつど休暇を取得し、長距離移動をする”というのは大きな負担になっていました。
しかしオンライン選考の導入によって場所を問わず自宅などでも受験が可能になり、移動の必要もなくなりました。また従来の移動を伴う選考は、日程調整等のため全過程で2ヶ月以上要することもありましたが、オンラインであれば2~3週間で完了することも珍しくありません。一方で、転職希望者が複数の企業を併願して活動を進めることも容易になりました。

2.激変する採用環境

オンラインの導入により選考期間は短縮され、転職希望者の併願の増加により、企業側からすると採用競合が増える結果になりました。また、リモートワークを導入する企業も増えたことにより、地方でU・Iターン採用を実施する企業は、都心の大企業や資金力のあるスタートアップ企業とも競わなければならなくなりました。IT、金融の一部の職種については待遇の高騰も起き始めています。

3.採用成功している企業の取り組み

こうした中で採用成功する企業の代表的な取り組みは「選考のフルオンライン化」と「選考期間の大幅な短縮」です。当初は直接対面しないことに戸惑いの声も聞かれましたが、この環境に適応するため、オンライン選考を導入される企業は着々と増えています。それに伴い、従来2ヶ月程度だった選考を3週間に短縮した企業もあります。

このように、環境に即して活動を柔軟に変化させることが、採用成功のカギとなりそうです。

お役立ち情報

Uターン転職・キャリア相談会

各地域を担当するキャリアコンサルタント(有資格者)による個別相談会です。
Uターンや転職、キャリアについてのご意向をお聞きしながら、適切な情報をご提供します。

【開催日】
毎週月曜日~土曜日(9:30~20:00の間で最大1時間 ※土曜日は~17:00)

【実施方法】
電話またはオンライン面談(ZOOM、Skype、FaceTime、Wherebyなど)

※これまで会場にお越し頂いての直接面談を実施しておりましたが、
 新型コロナウイルス拡大の影響を受け、リモートでの面談とさせて頂いております。

相談会へのお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。